ケアマネ試験、合格率は過去最低

ケアマネ試験、合格率は過去最低の20.51%だったそうです。

高齢者向け住まいのウェルネス中島では、ふれあい交流サロンを利用し、現役ケアマネージャーの方をお招きし
来年の試験突破に向け勉強したい方向けに勉強会を開く予定です。

以下ご参照ください。


厚生労働省は12月16日、今年10月24日に行われた今年度の「介護支援専門員実務研修受講試験」の合格率が20.51%(前年度比3.1ポイント減)だったと発表した。1998年度の試験開始以降で最も低かった2006年度の20.53%をわずかに下回った。

【関連記事】 

ケアマネ実務研修受講試験、合格率は20%台で推移-厚労省
介護支援専門員の受験資格に救急救命士を
要介護認定、「じっくり議論」求める意見が続出―介護保険部会
居宅介護支援費の利用者負担導入で反対決議文
ケアマネ登録者の4割強が別の仕事―広島県

 今年度の受験者数は13万9959人(同318人減)で、合格者数は2万8703人(同4416人減)だった。今年度までの累計合格者数は52万3472人となり、50万人を突破した。

■増える介護福祉士、減る看護師

 今年度の合格者を職種別に見ると、最も構成比率が高いのは介護福祉士の68.3%(1万9602人)で、以下は「相談援助業務従事者・介護等業務従事者」の10.6%(3038人)、社会福祉士の10.6%(3031人)、「看護師、准看護師」の8.6%(2477人)などと続いた。
 近年は看護師の構成割合が減少傾向にある一方、介護福祉士の割合が増えている。過去5年の実績では、「看護師、准看護師」の構成割合は06年度13.4%、07年度13.1%、08年度9.5%、昨年度10.0%、今年度8.6%となっているのに対し、介護福祉士の割合は06年度55.2%、07年度58.9%、08年度63.1%、昨年度66.0%、今年度68.3%と年々上昇している。

( 2010年12月16日 21:32 キャリアブレイン )

この記事へのコメント

2010年12月19日 08:18
介護福祉士
今までより
難しかったです

この記事へのトラックバック