訪問看護の一人開業

介護付き高齢者マンション ウェルネス中島には看護師はおりますが、訪問看護事業所はありません。

将来的にはウェルネスグループとして訪問看護事業所を持ちたいと考えています。

その認可条件について以下の記事がありました。

ご参照下さい。


「理屈の前に実践を」、訪問看護の一人開業で討論会

 開業看護師を育てる会は11月14日、東京都内でシンポジウム「日本中に星降るほどの訪問看護ステーションを!~なぜナースは一人で開業出来ないの?~」を開催した。賛否両論ある看護師の一人開業について、モデル事業の実施など「まずは理屈の前に実践を」との声が相次いだ。

【関連記事】

訪問看護師、圧倒的に足りない―主要6政党が議論
「安易な解禁は負の影響」、訪問看護の“一人開業”を批判―日医
「医療ビザ」年内に新設-追加経済対策が閣議決定
訪問看護、拡大指標を「事業所」から「看護師」に
訪問看護、「現実的な目標が必要」―厚労省検討会

 政府が検討する看護師の配置を1人でよいとする訪問看護の「一人開業の解禁」について、日本医師会などは反対を表明。一方、一部の訪問看護の現場からは、現状の配置基準を2.5人から1人にして、一人開業を解禁する必要があるとの声もある。

 シンポジウムでは、「訪問看護ステーションの現状」と題して、有限会社ポケットの上田浩美代表取締役がステーションの設置数が増えない現実について講演した。厚生労働省が示した当初目標の半分にとどまる訪問看護ステーションの現状などを紹介。その一方で、「一人開業では緊急対応ができない」など一人開業に反対する一部の指摘に対し、上田氏は「これまでに緊急対応が重なったことは一度もない」として、一人開業の解禁で訪問看護サービスの量を拡大する必要があると訴えた。

 討論会「なぜナースは一人で開業出来ないの?」では、上田氏のほか、日本看護連盟の石田昌宏幹事長、抑制廃止研究所の田中とも江代表、経済産業省商務情報政策局の藤本康二サービス産業課長、内閣府行政刷新会議規制・制度改革担当事務局の山本薫氏、開業看護師を育てる会の菅原由美理事長らが出席した。

 田中氏は、一人開業の解禁で懸念される採算性や安全性の確保などについて、「できない理由ばかり述べるのではなく、ニーズがある限り、まずは声を上げてやってみることが必要」と指摘。会場からの意見も含めた討論会では、具体的な方法論として、是が非でも一人開業の解禁を望む意見、まずはモデル事業として実現性を検証すべきとする意見、フランチャイズチェーンの形態に限り一人開業を認めるとする意見、特別養護老人ホームや介護老人保健施設に併設することを条件に一人開業を認める意見などがあった。

 行政の立場からは、一人開業の解禁について「多様性があっていいのではないか」(藤本氏)、「1人で会社をつくれるのは民間では当然のこと」(山本氏)など、一人開業に肯定的な意見があった。

 石田氏は、一人開業の解禁に反対する日本看護協会の政治組織という立場から、「現行の配置基準のまま、訪問看護ステーションのサテライトという位置付けで対処すべき」とした。

( 2010年11月15日 13:12 キャリアブレイン )

この記事へのコメント

おばちゃん
2011年02月11日 10:47
現在の日本の訪問看護ステーションの現状を見ていると、質を高くして一生懸命仕事をしているところほど利益が上がりにくくなっていて、適当に件数だけ上げていくようなところはぼろ儲けのような状態ですよ。まともな人があひとり開業するなら良いけれど、血圧だけ測って何もケアしないような所もあり、質にバラつきがありすぎると思います。変なところが星振るようにひとり開業許可うけても、質を下げる一方ではないですか?質の担保もなく国家資格があるからと誰でも彼でも「ひとり開業」をしていけば、日本の看護の質は下がる一方ではないですか?それを公的保険で賄えていけば、税金などを無駄に使ったあげくに日本の訪問看護の質は下がるばかりにはなりませんか?安易なひとり開業論は如何なものでしょうか。

この記事へのトラックバック