画像

札幌市中央区広い交通至便の高齢者住宅ウェルネス桑園

アクセスカウンタ

画像
札幌市 高齢者住宅・有料老人ホーム一覧
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

zoom RSS ひょうきん族の神様、介護をテーマにした舞台上演

<<   作成日時 : 2014/09/01 16:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 80年代を代表するお笑いテレビ番組「ひょうきん族」の神様、毎回懺悔室で水が天井から落ちるのか、見守ったものですが、現在は重いテーマを舞台で取り上げています。


 1980年代の人気お笑い番組「オレたちひょうきん族」でブレークしたお笑い芸人、ブッチー武者さん(62)が、劇団「ZANGE(懺悔(ざんげ))」を旗揚げし、今月、認知症と介護をテーマにした初作品「生きる」を俳優座劇場(東京都港区)で上演する。
 
 2006年、京都市で息子が介護疲れなどから認知症の母親を殺害した事件をテーマに、福祉や家族の在り方を問いかける。


◇2日から上演「誰でも当事者に」

 ブッチーさんは番組のコーナー「ひょうきん懺悔室」の神様役で人気を博したが、数年前にテレビの世界から遠ざかり、今は飲食店や芸能スクールを経営する。
 そんな中、父親が認知症になった知人から介護の大変さを聞き、京都の事件に興味を持ったという。

 「生きる」の主人公の北島茂は、高齢の母サエと東京の下町で2人暮らし。
 夫に先立たれたサエは家賃を払い忘れたり、眼鏡が見つからなかったりと様子がおかしい。
 間もなく認知症と診断された。

 「お父さんはどこ?」。いなくなった夫を捜し、徘徊(はいかい)も始まった。
 そんな母を、茂は仕事を辞めて献身的に介護する。
 「他人さまに迷惑をかけたくない」。親類や友人に助けを求めなかったことで、貯金は底を突き、カードローンも限度額まで借りた。
 最後に頼った生活保護も、「働ける人は働いてほしい」と役所に断られ、追い詰められた茂は母を手に掛ける−−。

 脚本を担当した芸人仲間の山口弘和さん(57)と裁判記録を読んだり、介護士の取材を進めたりして構想を 練り上げた。
 サエ役は、女優の大信田(おおしだ)礼子さん(65)。
 事件と同じ時期に、京都市の実家で介護していた母をみとったといい、「ゆっくり寝る暇もなく、精神的にも大変だった。人ごととは思えない」と語る。

 ブッチーさんは「時間がたてば、衝撃的な出来事でも忘れられてしまう。認知症や介護は誰でも当事者になり得る現在進行形の問題だと伝えたい」と語る。
 公演は9月2〜7日。入場料は前売り券6000円、当日券6500円。問い合わせは「BMCエンタープライズ」(03・6903・7895)。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

リンク集

特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

ひょうきん族の神様、介護をテーマにした舞台上演 札幌市中央区広い交通至便の高齢者住宅ウェルネス桑園/BIGLOBEウェブリブログ
画像
文字サイズ:       閉じる