画像

札幌市中央区広い交通至便の高齢者住宅ウェルネス桑園

アクセスカウンタ

画像
札幌市 高齢者住宅・有料老人ホーム一覧
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

zoom RSS シニア市場100兆円規模 大手揃って高齢者向け家電を展開

<<   作成日時 : 2014/09/20 18:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 家電製品もシニア向けのものが主流になっていくのでしょうか? 


 高齢化が進む中、60歳以上のシニア層による消費市場は年間1兆円ずつ拡大していくとニッセイ基礎研究所は試算する。
 市場規模は約100兆円とされ、大手家電メーカーで、高齢者の使い勝手を意識したシニア向けの新製品投入が相次いでいる。

 パナソニックは17日、50〜60代をターゲットにした高機能家電の新シリーズ「Jコンセプト」を発表、紙パック式で世界最軽量の掃除機や冷蔵庫などを10月下旬から順次発売する。

 東芝ライフスタイルも、手の力の弱い人でも軽く触れるだけでドアが開く冷蔵庫を10月から発売する予定だ。 価格が高くても付加価値を重視するシニア世代の取り込みで、収益拡大を狙っている。

 パナソニックの「Jコンセプト」シリーズは、3万人以上の消費者の声を生かし、高齢者の生活スタイルに合わせてデザインや利便性に工夫を凝らしたのが特徴。
 本体重量2キロの軽量掃除機をはじめ、50歳以上の女性でも肘を上げずに楽に物を取り出せる冷蔵庫や、床面の温度を既存製品より5度高い35度に保つ暖房機能を備えたエアコンなどを第一弾として展開する。

 今後、製品ラインアップを順次増やし、海外市場にも投入する構えで、同社の高見和徳専務は「平成30年度には(同シリーズで)1千億円の売り上げを目指す」と意気込む。

 一方、シャープは主力の調理家電「ヘルシオ」シリーズのオーブンレンジで、シニア層向けの新商品「AX−SA100」(市場想定価格税別10万円前後)を8月に発売した。
 液晶操作ボタンを大きく表示できる「デカボタン」機能や本体を小型化するなど、高齢者夫婦世帯の使用を想定した設計で、新たな需要獲得に乗り出している。

 また、三菱電機では2月に発売した小型IHジャー炊飯器「本炭釜」が高齢者などに好評だ。
 同製品は3・5合炊きの小容量ながら、おいしくご飯が炊けるという少人数世帯向け。
 「60代以上の36%が小容量タイプを求める」(同社調べ)というシニア層の需要にうまく合致したことで、実勢価格が税別5万円と高めながらも堅調に売り上げが伸びているという。
 これを受け、同社では少人数用の対応製品の拡充を検討している。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

リンク集

特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

シニア市場100兆円規模 大手揃って高齢者向け家電を展開 札幌市中央区広い交通至便の高齢者住宅ウェルネス桑園/BIGLOBEウェブリブログ
画像
文字サイズ:       閉じる