画像

札幌市中央区広い交通至便の高齢者住宅ウェルネス桑園

アクセスカウンタ

画像
札幌市 高齢者住宅・有料老人ホーム一覧
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

zoom RSS シーナ&ザ・ロケッツ シーナさん子宮頸がんで死去 自身の曲聞きながら・・・

<<   作成日時 : 2015/02/15 08:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ロックボーカリストシーナさん、家族と自身の歌で見送られ、61歳の生涯を終えました。

 4人組ロックバンド「シーナ&ザ・ロケッツ」のボーカル、シーナ(本名・鮎川悦子)さんが14日朝、子宮頸がんのため、入院先の都内の病院で亡くなった。61歳だった。
 夫で同バンドのギタリストの鮎川誠(66)がデイリースポーツの取材に応じ、「35年一緒に(シナロケを)やれて、幸せでした。本当にファンの皆さんから愛されて、とても幸せやったと思います」と話した。
 また、「二人の愛は永遠だぜ」との談話も発表した。

 シーナさんは昨年7月、急病でライブ出演をとりやめ、「風邪気味による体調不良」と発表されていたが、鮎川によると、この時、末期の子宮頸がんと診断されていたという。
 8月15日にステージ復帰。9月13日に日比谷野音で行われたシナロケの35周年記念ライブにも出演したが、「本当は体調、悪かったんです」。

 最後のライブは10月23日。90年代にシナロケでベースを担当し、昨年4月に亡くなった橋本潤さんの「生誕55年祭」だった。
 その後、体調が悪化し、11月下旬に入院。正月は自宅に戻り、家族で過ごすことができたが、通院しながら治療していた1月中旬に容態が悪化し、再び入院。バレンタインデーだった14日の朝、鮎川、3人の娘ら家族に看取られ、静かに息をひきとった。

 「みんな、家族で手握って。35年分のシーナ&ロケッツのレコードをパソコンで聞きながら。一番新しいアルバム『ROKKETS RIDE』と(代表曲でもある)「ユー・メイ・ドリーム」…二人の永遠の愛の歌をね…、『いいな…』って聞きながら、息が途絶えました」。

 シーナさんは1978年、夫で同じ福岡出身のギタリスト・鮎川誠とSHEENA&THE ROKKETSを結成。
 シングル「涙のハイウェイ」でデビューした。ミニスカートと網タイツをトレードマークにパワフルな歌声とカリスマ性で女性ロックボーカリストの先駆けとなり、鮎川の強烈な個性、九州弁とともにシナロケは日本を代表するロックバンドとなった。

 「35年、一緒にやりましたけど、シーナは、どこにもいない歌手なんですよ。素晴らしい歌手です」。
 末期がんで昨年11月に入院後も「もう1度バンドに合流して、もう1度歌いたい、と。お医者さんから『病気直ったら何したい?』って言われて、『歌いたい』って。それが叶わんかったから…」。

 「バレンタインが命日になって…。ハートが大好きやったから」。鮎川の声は少しだけ微笑んでいるようにも聞こえた。

 最愛の妻でパートナーが息を引き取った14日夜、鮎川はバンドのメンバーと亡きがらに付き添っていた。
 「本当にファンの皆さんから愛されて、とても幸せやった、と伝えたいです。ファンの皆さん、シーナを愛してくれて、本当に幸せでした。ありがとうございました」。

 シーナさんは北九州市出身。鮎川との間に双子を含む3姉妹をもうけた。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

リンク集

特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

シーナ&ザ・ロケッツ シーナさん子宮頸がんで死去 自身の曲聞きながら・・・ 札幌市中央区広い交通至便の高齢者住宅ウェルネス桑園/BIGLOBEウェブリブログ
画像
文字サイズ:       閉じる