テーマ:認知症

ひょうきん族の神様、介護をテーマにした舞台上演

 80年代を代表するお笑いテレビ番組「ひょうきん族」の神様、毎回懺悔室で水が天井から落ちるのか、見守ったものですが、現在は重いテーマを舞台で取り上げています。  1980年代の人気お笑い番組「オレたちひょうきん族」でブレークしたお笑い芸人、ブッチー武者さん(62)が、劇団「ZANGE(懺悔(ざんげ))」を旗揚げし、今月、認知症…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どのように認知症の人をケアすればよいのでしょうか?

認知症患者と上手に付き合うためのコツがたくさんあります 以下は、専門家が語る症状にあわせた介護者側の対処法です。 これには患者と上手に付き合うためのコツがたくさんあります。 実際の生活の中でこのすべてを実効することは強い忍耐力を必要としますし難しいですが、是非、参考にしてみてください。 睡眠障害(昼夜逆転など) &#…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物忘れと認知症の違い

「物忘れ」とは・・・ 、「人の精神活動が普段の状態と多少異なっていたり、幾分衰えていたりする状態」であり、 「認知症」は・・・、 「一旦発達した知能が、何らかの原因により脳が破壊され、再び持続的に低下した状態」と定義されています。 記憶力は、20歳代をピークに、加齢とともに減退します。 これが知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症とアルツハイマー病

認知症というのは、正確には病名ではないそうです。 認識したり、記憶したり、判断したりする知的能力が障害を受けて、社会生活に支障をきたしている状態のことを指しています。 この状態を引き起こす原因には様々なものがあり、アルツハイマー病もその一つです。 アルツハイマー病は、現在、日本で認知症を引き起こす原因のうち、もっとも多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症について

ヘルパーとして関わらせて頂いてると、認知症の方と接する機会が あります。 初期症状の段階では、精神的に落ち着かなくなり、パニック状態に なる方もいらっしゃいます。 私自身も、どのように接したら良いのかと悩む事があります。 今回、認知症に関して調べてみた記事を載せてみました。 認知症とはどういうものか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新薬が必要と思う疾患

まったく同感です。 認知症が「新薬が必要と思う疾患」のトップ- 一般生活者意識調査 より安全で効果的な新薬が必要だと思う疾患のトップは「認知症(アルツハイマーなど)」-。米国研究製薬工業協会(PhRMA)が7月にインターネットを通じて全国の35歳以上の男女3267人を対象に実施した意識調査で明らかになった。認知症(48%)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症薬 アリセプトが国内売り上げトップ

アリセプトが国内売り上げトップ- 今年4-6月 という記事がありました。 いかに認知症の方が多いか、早く認知症を治せる薬が出てほしいです。 以下ご参照ください。  医薬品市場調査会社IMSジャパンの今年4-6月の市場統計(薬価ベース)によると、エーザイのアルツハイマー型認知症治療薬アリセプト、サノフィ・アベンティスの抗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徘徊老人を探す

札幌市内でも徘徊老人の死亡事故が毎年あるそうです。 SOS徘徊ネットワークという行政のサービスもありますが、以下のようなGPSサービスを利用も検討した方がいいかもしれません。 以下ご参照下さい。 GPS探知機で高齢者・お年寄り・アルツハイマー・徘徊老人の痴呆対策 認知症・痴呆症などの徘徊老人対策・高齢者の迷子対策…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽療法 認知症にも効果

介護付き 高齢者の住まい ウェルネス中島においても音楽療法を行っています。 以下の記事はドラムを使った音楽療法のようです。 ご参照ください。 ドラムカフェジャパン 音楽療法 認知症にも効果 有老、クリニック、特養などで実施 ドラミング通じ新しいケア提案 2011年04月08日09時00分 (コンテンツ提供:高齢者住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難所でがんばっている認知症の人を支えたい

一人でも多くの人に理解してほしいですね。 以下ご参照ください。 東日本大震災 被災地で身体機能低下や認知症悪化も 産経新聞 3月25日(金)  東日本大震災の被災地では、従来の生活ができなくなった高齢者の身体機能が落ちて要介護になったり、認知症の人の症状が悪化したりする危険性が指摘されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難所でがんばっている認知症の人・家族等への支援ガイド

一人でも多くの方へこの情報が伝われば、という気持ちで転載しました。 以下ご参照ください。 震災で苦しむ人が「一人でも」「少しでも」 安心して避難所で過ごせるために ~つながりの力で、支援ガイドを関係者に伝えてください~ 大地震、津波、被ばくの恐れ・・・想像を絶する恐怖の中で住まいを失い、避難所での生活を余儀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症にやさしいまちにしよう 応募しました

本日下記のコンペに提案させていただきました。 結果は3月下旬です。 以下、こういうものもあるんだ~ということで、ご参照ください。 NPO法人北海道NPOサポートセンター エーザイ株式会社 コミュニティ・ネットワーク支援室 「認知症にやさしいまちにしよう」 ~地域コミュニティを活かした認知症啓発に向けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たなアルツハイマー型認知症治療薬2品目が年明けにも承認

画期的です。選択肢が広がります。待ち望んでいました。 新規アルツハイマー治療薬2品目の承認を了承―医薬品第一部会 新たなアルツハイマー型認知症治療薬2品目が年明けにも承認される見通しとなった。 11月24日の厚生労働省の薬事・食品衛生審議会(薬食審)医薬品第一部会で、第一三共のメマリー錠(成分名=メマンチン)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症の早期から、専門医療機関による正確な診断を受けられる体制の整備

認知症の早期診断体制の整備などを提言―厚労省検討チームの中間まとめ が記事に出ていました。 認知症の早期から、専門医療機関による正確な診断を受けられる体制の整備 これは本当に重要だと思います。 胃カメラ並みに簡単に検査できる体制が欲しいです。 以下ご参照ください。  厚生労働省の「新たな地域精神保健医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症ケア専門士、患者家族の8割超が知らず

認知症ケア専門士、患者家族の8割超が知らず という記事がありました。 介護業界の人間ですら、あまり聞く機会がありません。 しかし、認知症ケアはそれなりの経験や知識が必要なわけで、もっとその資格の価値をあげ、それこそ世間に認知されていくことが必要だと思います。 以下ご参照ください。 医療介護CBニュース 12月8日(水)1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

認知症患者の見守りネット、稼働の自治体は1割未満

認知症患者の見守りネット、稼働の自治体は1割未満と聴いてビックリです。 もっと稼働しているものと思っていましたが意外です。 実際行方不明になったらどうしているんでしょう??? 以下ご参照ください。 認知症の高齢者が行方不明になった際、警察や消防、介護関連施設や民間企業、地域住民が連携し、その早期発見に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神病床、増える認知症患者 不足する高齢者の“受け皿”

現在、認知症対応マンション ウェルネス中島では、ある病院のソーシャルワーカーさんから認知症患者さんの方の入所相談を受けております。 たまたま見つけた下記の記事ですが、今後も認知症患者さんのご相談は増えそうです。 以下ご参照ください。 精神科の病床精神病院に入院する認知症患者が急増している。暴言や暴力などの問題行動が収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症対応マンション

ウェルネス中島は認知症対応のマンションでもあります。 現在介護2や介護3の認知症の方も入居中です。 また認知症に関する、以下のサイトも管理人が運営しております。 北海道認知症介護ネットワーク
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more